インタビュームービー「井上惇志 plays the Nord Electro 6D 61」を公開しました


センセーショナル・ポップユニット showmoreのキーボード/プロデューサー井上惇志さんは、歴代のNord Electroを使い続けるパワーユーザーなんです。

それを知った私たちは、Nordの新製品発表会の出演をおねがいしたこともあって、今回じっくりとお話を伺うことにしました。

Nordとの出会いから、今お使いのNord Electro 6D 61のお気に入りのポイント、よく使う音色など、ほんとにじっくりお話を伺うことができました。

井上さんのお話で、私が「なるほどなー」と思ったことがいくつかあって、そのひとつが「Nord Electroで気に入っているポイント」というところで、 「Electro 5から、音色を切り替えたときに音が途切れなくなったこと」との回答。

その機能を挙げる方は他にもいらっしゃるのですが、その理由として井上さんが挙げたのが、「この機能があると、キーボーディストが余裕を持って演奏できる」ということ。

これ、そのとおりなんですよね。

キーボーディストにとって、音色を切り替えるタイミングというのは、結構緊張するもの。タイミングを間違えて音が途切れようものなら、演奏のテンションはダダ下がりです。

「音を変えても音は途切れない」ってことがすごい演奏者にとって安心になる、それを理由に挙げていたことがとても印象的でした。

この他にも、音作りの実例をいくつか挙げてくれていたりで、とても見応えがある内容です。

ムービーの終わりでは、今回のムービーのために書き下ろしてくれた曲を演奏してくれていますので、そちらもお楽しみに。

『井上惇志 plays the Nord Electro 6D 61』 ぜひ観てみてください。


井上惇志 plays the Nord Electro 6D 61

Copyright © Yamaha Music Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
 
プライバシー・ポリシー